【和包丁】三条鍛冶職人による手作り 和包丁専門店

韮澤包丁製作所 1本から製作します

韮澤包丁製作所のお勧め

男の料理へのこだわりは、食材だけでなく道具でも発揮され、その人の個性が道具選びでは特に強く出るもの。
そんなこだわるあたなにお勧めする、一味違った切れ味、砥ぎ味を持つ、上質な実用刃物の紹介。

積層ダマスカス和包丁

積層ダマスカス和包丁

積層ダマスカス和包丁は三条の鍛冶職人が時間をかけて軟鉄と鋼を折りたたみ、しっかりと叩き鍛え上げ、更に鋼付けを施した上質な実用刃物。
波紋も美しく、しっかりと砥ぎ上げられている。

本格そば切り庖丁

そば切り庖丁

鍛造から仕上げ砥ぎまで三条の鍛冶が一貫製作のそば切り庖丁。
すべて手作りでオーダーも可。

韮澤包丁製作所の本格和庖丁シリーズ

青紙鍛造鋼つけ和包丁 越乃喜一郎

青紙鋼越乃喜一郎

青紙鍛造鋼つけ「越乃喜一郎」シリーズは、硬くて上質な青紙と呼ばれる鋼を使用し、新潟県 三条市の鍛冶職人が丹念に一貫製作で仕上げた上質な和包丁。長く使っていただける一生モノです。
名入れや作切は、1丁1丁鏨(タガネ)を使い手彫りをしています。職人の最後の仕上げ作業です。
越乃喜一郎シリーズは水牛を桂と柄尻の両側ダブルで使った特徴ある柄を使用しています。握りの感触の良さも特徴的です。

白紙鍛造鋼つけ和包丁 越乃忠盛

白紙鋼越乃忠盛

越乃忠盛の鎚目シリーズは鍛造の鎚目の跡(鋼を鍛えるために、ハンマー(鎚)で叩いた跡)を残し、 独特の雰囲気を醸し出しています。(鎚目のシリーズには、黒打ちとステンレスの2種があります。) 複合材(材料の段階で、既に鋼がついた材料)ではなく、職人の手付けによる鋼付け・鍛造・成形された包丁です。 現在では、手による鋼付けができる鍛冶職人も少なくなっています。使うほどに愛着が沸き、鎚目の模様に惚れ込んでいる方も多いようです。 仕上げもきれいで丁寧な仕事が見るだけで伝わってきます。

SK鍛造鋼つけ和包丁 越乃利康

SK材越乃利康

SK鍛造鋼つけ「越乃利康」シリーズは、コストパフォーマンスに優れたSK鋼を採用しながらも、 熟練の職人の手により真っ直ぐでブレのない本格的な和庖丁に仕上げた。刃物としての基本性能の高さにこだわり、プロの使用にも耐える作り。
職人の技と豊富な経験により焼入れなどの温度管理・保持時間など、材料にあった熱処理を施しています。

越乃喜一郎
青紙鋼つけ柳刃

越乃忠盛
ステンレス白紙
槌目三徳

越乃忠盛
白紙鋼つけ
黒打槌目出刃

伝統刃物とは

日本固有の刃物として存在し発展してきた和庖丁をはじめ、伝統刃物と呼ばれる刃物とはどんなものか、 また古くから伝承されてきた伝統技術が生きており、日本の風土の中で生まれ、育てられ、 日本人の技術によって展開してきた刃物「打刃物」とはどんなものをを指すのかを詳しく説明。

三条打刃物の歴史と製作工程について

三条産和包丁の特徴は鋼付け、鍛造、成形、熱処理、刃付け、研ぎまでの一貫生産です。
その庖丁の材料や特性を熟知した職人が、責任を持って鍛造から刃付けまでの全工程をまかない、
お客様のお手元までお届けします。

三条伝統刃物の歴史

和釘の製造から始まる三条鍛冶の永い歴史。
三条の打刃物はどのようにして生まれ、どのように現代に受け継がれてきたのか。
和釘の製造から打刃物の製造に至るまで、一貫製作にこだわる三条鍛冶職人の歴史。

鍛造打刃物和庖丁の製造工程

和包丁製造工程

三条で長年和庖丁を造り続けている鍛造打刃物の鍛冶職人が、じっくりと時間をかけて一貫製作で作り上げる打刃物の製造工程を紹介します。 長く使える上質な打刃物がどんな工程を経て料理人の手元に届くのか、鍛造から仕上げ砥ぎまでの製造工程を詳細に紹介。

和包丁の構造について

和庖丁の構造について

合わせの打刃物とはどんなものか。
また、鍛造で職人の手により1丁1丁作られる三条市の和包丁の断面はどのようになっているかを紹介。

 

 

偏光サングラス【サングラスshopメガネのまつい】 出産祝い【ロイヤルスプーン】 結婚祝いプレゼント/キッチン雑貨のシェフランド 日本刀・刀剣【倉敷刀剣美術館】